https://chikenvolunteerbank.com/

あなたの協力が未来を創る

有償ボランティアで
お互い笑顔に

応募する

Amazonギフト券

治験ってどんなもの?

治験とは新薬の承認を得るために、厚生労働省の指導に従い、医療機関?製薬会社が実施している『くすり』の試験のことです。

あたらしい薬が誕生するまでには、10~18年程度といった研究開発の期間を経たうえで、効き目の確認や安全性の評価など、様々なテストが何度も行われます。このテストに参加している人を『治験ボランティア』といい、人間への薬の効果が確認されるのです。ここで効き目と安全性が確認され、厚生労働省の承認を得ることではじめてわたしたちの手元に届きます。
治験は、未来で新薬を待ち望んでいる人を助けることのできるアクションです。わたしたちが普段使用している医薬品も、過去多くの一般の方々がボランティアとして参加した『治験』を経て誕生しているのです。

 新薬ができるまで 

STEP1
様々な実験を通じて、数多くの化合物の中から、新しい薬の可能性があるとされるものを選別し、人体への効果と安全確認のため、まずは動物に対する実験を行います。
STEP2
動物を用いた試験で、一定の効果と安全性が確認されたものだけが新薬の候補となり、人間に対する臨床試験が始まります。これを「治験」と言います。
STEP3
治験を繰り返し、効果と安全性が確認されたものだけが厚生労働省に承認され、新薬が誕生、社会に流通していきます。
新薬誕生

治験メリット

無料で健康診断

治験の拘束時間に応じた負担軽減費をGET!

もちろん、通院のための交通費もお支払いします!!

負担軽減費の目安

治験は高額アルバイトではなく、有償のボランティアです。
負担軽減費は、ボランティアにご参加いただくことによって生じる拘束時間に応じてお支払いしております。

応募する

治験の怖いイメージが払拭されました!

はじめて治験ボランティアに参加しました。
キケンで怖い?イメージがありましたが、治験場所にいって見ると普通の病院!!
いざ、治験開始となったが検査も日に数回!残りは自由時間!!少し拍子抜けしてしまいましたが、また参加したいと思います。

(24歳?男性/フリーター)

健康診断みたいな感じでした。

今回初めて治験に参加ました。どんなことをやるのか不安でしたが、健康診断みたいな感じでわりとリラックスしてできました。
意外に空き時間があったので見たかったDVDをいっぱい見れました。 ひさしぶりにのんびり過ごせたな、という感じです。

(22歳?男性/大学生)

ゆっくり過ごせて家より快適かも!?

治験参加前は不安がありましたが、実際参加してみると考えが変わりました。 ゆっくりDVDや漫画、雑誌を見る時間もあるし、
インターネットもできるし、食事も美味しいし! なにより日頃は口うるさい親もいない場所でゆったりとできました。
今度は空き時間に資格勉強をしながら治験に参加したいと思っています!。

(21歳?男性/大学生)

参加方法

まずは無料で登録を!

お電話からか、このページにある登録ボタンを押して、登録フォームで必要な情報を入力?送信することでご登録いただけます。

担当者より案内のお電話

登録後数日中に、ご登録いただいた電話番号に、担当のスタッフよりお電話いたします。
その際に、治験の内容や健康診断の日程などをご案内します。

健康診断を受信!

指定した健康診断の日時に、提携医療機関で受診していただきます。その結果により、治験に参加可能か判断がなされます。

治験に参加!

登録はPC?スマホからできます! 分からない所があればお気軽にお電話を?

応募する

副作用はありますか?

治験薬も市販薬と同様、100%副作用を防止することは困難なものとなっており、望ましい効果を得ることができる場合のみならず、副作用が発生する可能性はあります。治験では、万全の体制を整えて実施にあたります。副作用が起きたと考えられる場合、直ちに担当の医師に申し出てください。

治験に参加するために条件などはありますか?

はい、治験ごとにそれぞれ参加の条件を定めています。 治験参加をお申込みの際に、その都度、条件に合致しているか確認をさせていただいています。 参加申込者の皆様にはその後に、定められた健康診断を受診していただき、精密な検査(身長?体重?血液?血圧?心電図など)を行い、検査に合格した方が治験参加可能となります。治験の参加の条件の設定にあたっては主に、年齢?性別の他、健康な方と疾患をお持ちの方に分けられます。 まずはお気軽にお問合せください。

いつでも希望日に参加できますか?

申し訳ございません。治験は通年で実施しておりますが、それぞれの治験ごとに健康診断?入所日?通所日などを設定していますので、すべての日程で入所?通所可能な方にご参加いただきます。 また、治験に一度ご参加いただくと、健康に対する安全上、次の参加まで約3~4カ月あけていただく必要があります。

治験に参加している期間は、検査等の時間を除き自由に過ごしていて良いのですか?

基本的には普段どおり過ごしていただいてかまいませんが、参加される治験の内容により、食事内容や睡眠時間等につき生活上の制限が設けられている場合がございます。 その場合は、当該制限を守って生活をしていただくことになります。

治験参加期間内に、途中辞退することは可能ですか?

可能です。しかし、各治験は参加人数を限ったうえで実施しています。参加を希望する前にあらかじめ、ご自身が当該治験に参加することが本当に可能であるのか、よく検討したうえでお申し込みください。また仮に治験薬服用後に途中辞退される場合、辞退するにあたっては副作用の影響が生じないかといった安全性の確認などが必要な場合があります。

入院を伴う治験に参加する際の過ごし方について

期間中は、決められたスケジュールの通りに生活していただきます。このとき、治験薬の服用?採血?血圧測定?脈拍測定その他の検査を行いますが、これらの時間を除き、院内での指示や節度ある行動を守っていただければ基本的には自由に過ごしていただけます。また、院内にはテレビ?ゲーム?DVD?本などの用意があります。 なお、他の治験参加者との共同生活となりますので、その点はご配慮いただく点も出てくる場合があります。

治験では高額な報酬が支払われると聞きましたが、本当にそうなのでしょうか?

治験の役割は、新しい薬を未来に届け、より多くの人の幸せを助けることにあります。治験は高額アルバイトではなく、あくまで有償のボランティアです。治験の役割を果たすにあたって治験参加者の皆様には、参加期間中、様々な決まりを守って生活していただきます。それに加えて、採血のような痛みを伴う検査や、脈拍測定その他の検査にご協力いただくことになります。 そのような責務と負担に対して、この負担を補う目的で、これに見合った「負担軽減費」の提供をしております。

治験ボランティアに参加した場合、参加者のプライバシーはしっかりと守られているのでしょうか?

治験ボランティアの皆様のプライバシーおよび個人情報は、各規定や要領などにより、厳重に守るよう定められており、これらの定めにつき十分な配慮をしています。 治験の実施に際し得られた氏名?住所?その他の個人情報は、治験に関わる目的以外での使用はなされません。

応募する